2020/12/15

DAZNを見るのにChromecast with Google TVを導入した

導入背景

今まで、DAZNをテレビで見るために Amazon Fire TV Stick 4K と 4Kじゃない Amazon Fire TV Stick (1つ前の世代) を使っていたのですが、

  1. DAZNを見る
  2. 見終える
  3. 別の日、再度DAZNを見る

とやった場合に、DAZNのアプリが「ネットワークのようすが変です」みたいなメッセージを出してエラメッセージが消えないまま、見る試合も何も変更できない状態になっていました。他にも症状はパターンはいくつかあるのですが、普通に試合を選んで見るということがきなくなり、DAZNのアプリを完全に終わらせて再度起動しなおすしかなくなりイライラを募らせていました。

アプリの強制再起動の方法を知らなかった頃は、Amazonのメニューに戻って別のアプリや映画とかを流してメモリ上のDAZNアプリを終わらせる方法をとっていましたが、どれぐらいでDAZNのアプリがメモリから撤退してくれるかは勘でしかなくイライラは倍増。

メニューからアプリ強制停止&起動がわかってからは、まだマシになったけど、それでも毎度面倒な操作を強いられ殺意が湧いていました。

で、11/25に新たに発売された Chromecast with Google TV に、DAZNが対応しているということで、この辺がどうにかならないか期待して購入。そもそも 4Kじゃない方の Amazon Fire TV Stick は動作がもっさりでただでさえイライラするのでと十分な言い訳を考えつつ購入。

結果

成功!! DAZN見終わって別の日に起動してもふつうに起動する。ストレスなくなった! いやーよかった。それに、今時のハードウェアなので、通常の動作もキビキビしていて好印象。7,600円 無駄にならずによかった。

ただ、

これはDAZNの問題なので、Chromecastなんとかの問題ではないのですが、DAZNのスマホアプリでは、サッカーのフルタイムの試合を見るのでもゴールシーンのところにタグが振られていて、すぐジャンプできたりするのですが、それとは別物のセットボックス用というかテレビ用のアプリのままで、UIは最悪の類いをキープです。途中まで見た試合を最初から見る場合も、左方向をずーーと押しっぱなしにしてバーを左端に持っていくしかないのはどうにかしてほしい。

Chromecast with Google TV の問題としては、使ったアプリは一番左に持ってくるかアプリの位置をカスタムさせてほしい。

あと根本的な問題として、テレビに刺しっぱなしで使うものに個人のGoogleアカウントでログインした状態で使わないといけないのは、ほんとうにどうにかしてほしい。youtubeの検索履歴とかダダ漏れなんですよ。

まとめ

我が家では、DAZNをテレビで見るのに、Chromecast with Google TV はAmazon Fire TV Stick (4K) より良い選択肢でした。
Fire TV Stickの DAZNアプリが頻繁に制御不能になる同じ症状に悩まされている方は試す価値はあるのではないかと思います。




2017/09/24

ケーブルガイド

自転車のBBの裏(下?底?)でシフトケーブル二本をディレイラーの方向に向かわせる溝のついた部品とでもいいましょうか。それぞれフレームにあった専用のモノが使われているでしょうし、こんな部品、ふつう買うこともないでしょうけど、今回入手したフレームにはガイドがついてなかったのでシマノの汎用品を買うことにしました。

店頭で現物を確認したところ、微妙に型番の異なる商品がふたつあるんです。

で、一旦買わず帰って、にフレームの実際の取り付け箇所を確認する。小さい穴一つあいてたら、あー、こっちだねって。小さいネジが1本付いてる方を改めて買いに行きました(今思えば何を根拠にそう思ったのかは謎)。

いざ取り付けようと思ったら、付かない。ケーブルガイドの裏側のでっぱりが本体の穴に入らない。袋の中では確認できなかった突起。(写真右のSM-SP17-T)

今回の正解は左のSM-SP17-M


400円しない商品だから、切り替えてもう一個の方を買ってくる(写真左の SM-SP17-M)。この時点でアマゾンの当該商品のレビュー見たら、ネジはついてないから、M5のネジ必要っての書いてあった。アマゾンレビューサンキュー。という訳でホームセンターでM5x10mmというネジを一緒に買ってきた。 ネジ頭は低くて小さいヤツがいいです。

はいはい、ぴったり取り付けられました。ロックタイトあるなら付けた方がいいでしょう。





2017/09/15

またしてもG-SHOCK壊れる

と思いましたよ完全に。

うちで「G-SHOCKも壊れる」というエントリーが結構読まれていますが、
今GW-40001-1AJF (5087) というアナログのG-SHOCKを2年ぐらい使っていて、また壊れたと思ったら壊れてなかったという話。

http://products.g-shock.jp/_detail/GW-4000-1A/

これです。「タフネスを追求したNewモデル」 なのに....



このお盆休みの初めの頃、ふと時計を見たら1時間弱遅れていて、更に日付も大幅にズレている。甥っこ来てたから知らない間に色々触ってズレたのかなぁと思った。とはいえ、時間単位ならタイムゾーンおかしくなったのも考えられるけど、分レベルがズレているし、日付も10日ぐらい先にズレていておかしい。

マニュアルダウンロードしてきて、手動で電波受信させて時間を合わせたものの日付はおかしいまま。その時はそのまま使っていたものの、数日後、手動で日付だけを合わせて再度電波受信。すると、また日付が11日進んでいる。

カシオのサイトで修理料金調べてみたところ、一番近そうな「電波受信不良」で11,000円+税 とのこと。「針の遅れ/進み」を足しても同じ値段なので、時計部分、ユニット丸ごと交換の値段なのしょう。

とりあえず、ダメモトで、ビックカメラの時計売り場に見せにいきました。

事情を話すと、はいはい、とばかりに「基準点が狂ってるかもしれませんので、一旦調整してみますね」と。えー、だって日付11日ズレてるんですよ。1日ズレてるとかなら話はわかるけど、11日ズレる所とか地球上にないよね?? と思いつつ、しばらくして回収に行くと、「調整したら直りました」と。「電波も受信できてなかったので、受信してこれでOKです。しばらく様子見てください」って。

まじか。ありがとうございます。0円。

そもそも、この時計、UIがすごいわかりにくいんですよ。どのモードに居るかとか全然わからないから、下手にボタン押せない。ストップウォッチですらわかりにくいし、覚えられないから、時間を見る以外の機能を全く使っていない。

 やっぱりボタン押しまくっておかしくなっていた説有力。
というわけで、壊れてなかった話でした。